【ドラフト指名一覧・東北楽天ゴールデンイーグルス】大学NO.1投手・早川隆久(木更津総合出身)をはじめ即戦力投手を多く獲得!

【ドラフト指名一覧・東北楽天ゴールデンイーグルス】大学NO.1投手・早川隆久(木更津総合出身)をはじめ即戦力投手を多く獲得!

東北楽天ゴールデンイーグルス

1位 早川 隆久 (木更津総合-早稲田大学)

2位 高田 孝一 (平塚学園-法政大学)

3位 藤井聖(富士市立-ENEOS)

4位 内間 拓馬 (宜野座-亜細亜大学)

5位 入江 大樹 (仙台育英)

6位 内 星龍 (履正社)

育成1位 石田 駿 (静清-九州産業大-栃木ゴールデンブレーブス)

【一言コメントつき】楽天の指名選手一覧

 2020年の大学生NO.1という評価を受けていた早川隆久を4球団の競合の末に獲得に成功。「新人王を狙えれば」とのコメントを指名後の会見で語っていたが、期待のルーキーの1軍登板がいつになるのか注目が集まる。

 2位以降を見ていくと、最速155キロを計測する法政大の剛腕・高田孝一をはじめ、社会人野球・ENEOSで覚醒した150キロ左腕・藤井聖を3位指名。そして大学日本代表を経験している亜細亜大・内間拓馬といった即戦力となりうる投手たちを続々と指名。

 しかし5位では本拠地・宮城の強豪・仙台育英で大型遊撃手として活躍した入江大樹。そして高い潜在能力を秘めた140キロ後半の速球などが持ち味の履正社・内星龍を6位で指名した。

 2020年シーズンは上位争いを演じるチームに新たな風を吹かせることが出来るか。来季からの活躍に注目したい。