広島1位のトヨタ・栗林良吏「大人びた投球で貢献したい」 ドラフト会議

引用元:毎日新聞
広島1位のトヨタ・栗林良吏「大人びた投球で貢献したい」 ドラフト会議

 広島に1位指名されたトヨタ自動車の右腕・栗林は愛知県豊田市のトヨタスポーツセンター体育館で記者会見し、「フレッシュさも出しながら、大人びた投球で貢献したい」と意気込んだ。

【写真特集】ドラ1位で指名された注目選手

 名城大では愛知大学リーグで32勝。150キロ超の直球を軸に変化球も多彩で、社会人では1年目からエース格として活躍する。

 会見では、ドラフトで指名されなかった大学4年時を思い出して目を赤くする場面も。「トヨタ自動車に拾ってもらい、技術だけでなく人間的にも成長できた」と感慨深げだった。

 指名直後には大学日本代表のチームメートで、1学年下の広島・森下から「また一緒にやれますね」と無料通信アプリ「LINE(ライン)」のメッセージが届いたという。今季の新人王争いをする森下について「去年のドラ1の中でも活躍が目立つ。アドバイスをもらいたい」としつつも、「負けたくない気持ちはあります」と闘志を見せた。【森野俊】

 ◇広島・佐々岡監督

 (1位指名の栗林は)真っすぐの強さ、変化球の精度、コントロール、全てが素晴らしい。先発もリリーフも経験しており、総合的に見て決めた。(2019年ドラフト1位右腕の)森下と同等の活躍をしてくれると思う。