広島、中村祐が好投も打線が沈黙 佐々岡監督「チャンスはつくるんだけど…」

広島、中村祐が好投も打線が沈黙 佐々岡監督「チャンスはつくるんだけど…」

 「DeNA3-0広島」(25日、横浜スタジアム)

 広島は今季6度目の完封負けで、DeNAとの今季最終戦に敗れた。相手の継投の前に本塁を踏めず、佐々岡監督は「打線というところでしょうね。チャンスはつくるんだけど、あと1本というところ」と、3試合で計2点しか奪えなかった攻撃陣を敗因に挙げた。

 先発・中村祐は初回に1点を失ったが、その後は立ち直った。二回から六回まで一人の走者も許さない完璧投球で、毎回の7奪三振と援護を待ち続けた。 右腕は「初回に1点取られて、この1点で何とか粘り強く投げて行こうと切り替えられた。あとは、会沢さんのリードのおかげです」。これで3試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を達成。今季3敗目を喫したが、安定感が光っている。