光るバランス感覚 専大松戸・深沢 緩急自在で完封 秋季高校野球関東

引用元:毎日新聞
光るバランス感覚 専大松戸・深沢 緩急自在で完封 秋季高校野球関東

 高校野球の秋季関東大会は25日、千葉市のZOZOマリンスタジアムなどで1回戦4試合があり、初出場の専大松戸(千葉)が8―0で鹿島学園(茨城)を破った。

 専大松戸の先発右腕、深沢鳳介(2年)がテンポ良く投げ、チームの秋季関東大会初勝利に貢献した。

 三塁を踏ませぬ好投だった。一回の立ち上がり、先頭打者に甘い球を右越え二塁打とされたが、野手の好返球で三塁タッチアウト。八回は2死一、二塁と初めて走者2人を背負ったが、「投げられる球をしっかり投げよう」と冷静に内野ゴロに打ち取り、9回無失点で完封した。

 最速135キロと速球派ではないが、スライダーなど変化球で緩急を付け、丁寧にコーナーを突いて打たせて取る投球を磨いてきた。お手本は同校OBで、今季ロッテにドラフト4位で入団した横山陸人だ。横山の「最初は低めの意識で投げろ」との助言を忠実に守り、ボールが先行しても慌てない。片足でバランスボールの上に立ってバランス感覚を鍛え、崩れにくいフォームを作ることで制球力を身につけ、打者有利のカウントからでも粘りの投球ができるようになった。

 地元開催の関東大会は千葉県に出場枠が3枠与えられ、チームは第3代表として出場している。「自分たちは一番下の順位だけど、出るからには優勝したい」と深沢。マウンド上では冷静な右腕が、勝利へのこだわりをみせた。【尾形有菜】