米子東が延長の末、盈進破る 秋季中国高校野球

米子東が延長の末、盈進破る 秋季中国高校野球

【米子東10―8盈進】

 高校野球の秋季中国地区大会は25日、島根県立浜山球場で準々決勝があり、盈進(広島)は米子東(鳥取)に延長十一回の末、競り負けた。

 ともに1回戦を延長で制した両チームの対戦は、計31安打のシーソーゲームとなった。盈進の佐藤康彦監督は「粘れたのは収穫。これまで守って勝ってきたのでリズムがつかめなかった」と肩を落とした。

 15安打を放ち、何度も追いすがった。7―8の延長十回は2死から平田敦也の適時二塁打で同点。最後は四球や失策など守備陣が乱れ、2点を勝ち越されて力尽きた。

 甲子園出場は1974年夏から遠ざかる。矢田貝悠陽主将は「悔しい。もっと練習して集中力を高め、甲子園に行けるように頑張りたい」と必死に前を向いた。中国新聞社