矢野さい配いきなり的中 初の2番起用、阪神・陽川が初回先制4号ソロ弾

矢野さい配いきなり的中 初の2番起用、阪神・陽川が初回先制4号ソロ弾

 「中日-阪神」(18日、ナゴヤドーム)

 プロ初の2番でスタメン起用された阪神・陽川尚将内野手がさっそく結果を出した。初回の初打席で中日・先発の柳から右中間に先制4号ソロを放った。

【写真】表情も作ってる?ゴリラポーズでホームインする陽川

 カウント2-2からの5球目。124キロのスライダーを捉えると高く上がった打球は伸びてスタンドに入った。

 この日、右腹斜筋の筋挫傷で梅野が登録を抹消。変更を余儀なくされた打線は梅野が務めていた2番に陽川が「2番・右翼」で入った。捕手は7番に坂本が入っている。陽川のスタメン2番はプロ7年目で初。

 この試合に勝てば、阪神は3年ぶりの中日戦5連勝となる。