【ドラフト回顧・1969年】甲子園のアイドル“コーちゃん”は近鉄へ、荒川事件の悲劇も

【ドラフト回顧・1969年】甲子園のアイドル“コーちゃん”は近鉄へ、荒川事件の悲劇も

今年もまた、ドラフト会議が近付いてきた。1965年秋からスタートし、今年で56回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2019年のドラフト会議まで、1年ごとに振り返っていく。

【1969年】甲子園のアイドル“コーちゃん”は近鉄へ/ドラフト全史1965-2018

いの一番は谷沢健一

近鉄から1位指名を受けた三沢高・太田 1969年のドラフトは大学生の実力派がひしめき合っていたが、夏の甲子園で“コーちゃんブーム”を巻き起こした三沢高のエース・太田幸司をどこが指名するかというのが最大の興味だった。

 指名順位1番の中日は早大の強打者・谷沢健一、2番の阪神は太田の指名濃厚と言われていたが、新監督(選手兼任)となった村山実の指示もあって急きょ即戦力の期待で東海大のエース・上田二朗を選んだ。3番の大洋が、巨人かヤクルトかを希望していた、これも注目のスラッガー・早大の荒川堯の指名に踏み切って、会場はどよめいた。

 そして、6番目の近鉄が太田の名前を挙げて、再び会場はドッとわいた。そのとき近鉄は“魔術師”三原脩監督の下、「近鉄旋風」を巻き起こした時代。甲子園のアイドル獲得は、さらに彩りを添える作戦でもあったが、太田がチームメートに「近鉄って何屋さん?」と尋ねたという逸話もある。

【1969年ドラフト12球団1位】

中日 谷沢健一(早大/外野手)

阪神 上田二朗(東海大/投手)

大洋 □荒川堯(早大/内野手)

南海 佐藤道郎(日大/投手)

西鉄 泉沢彰(盛岡鉄道管理局/投手)

近鉄 太田幸司(三沢高/投手)

東映 □片岡建(リッカーミシン/投手)

広島 千葉剛(日鉱日立/投手)

ヤクルト 八重樫幸雄(仙台商高/捕手)

ロッテ 前田康雄(電電四国/投手)

巨人 小坂敏彦(早大/投手)

阪急 三輪田勝利(大昭和製紙/投手)

※□はシーズン途中入団

 球団別では南海がいい指名をした。1位の佐藤道郎は1年目から抑えの切り札となり、2位の門田博光(クラレ岡山)は通算567本塁打をかっ飛ばした。

 なお太田は無事、近鉄のユニフォームを着たが、荒川はもめにもめた。あくまで大洋を拒否して、アメリカで野球浪人。交渉権失効ギリギリの翌年10月になって、電撃的に大洋入りを発表したが、これが“出来レース”。すぐにヤクルトへのトレードが行われるといういわくつきのプロ入りで、協約違反を問われた荒川は開幕から1カ月の出場停止処分を受けた。交渉拒否のまま越年していたころ、大洋ファンと思われる暴漢に頭を殴打される事件にも遭遇。野球人生を狂わせたのは残念としか言いようがない。

写真=BBM週刊ベースボール