エンゼルス・大谷翔平が4戦連続ベンチスタート、直近10戦で7度目先発落ち…相手は左腕が先発

引用元:スポーツ報知
エンゼルス・大谷翔平が4戦連続ベンチスタート、直近10戦で7度目先発落ち…相手は左腕が先発

◆メジャーリーグ エンゼルス―ダイヤモンドバックス(16日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルス・大谷翔平投手(26)が16日(日本時間午前10時40分開始予定)、本拠地・ダイヤモンドバックス戦のスタメンの外れた。3試合連続のベンチスタート。直近10試合で、7度目のスタメン落ちとなった。

 打者では37試合に出場し、132打数25安打で打率1割8分9厘、5本塁打20打点と調子の上がらない大谷に復調のチャンスすら与えられない。相手先発は左腕のケーレブ・スミス投手(29)。今季は左腕に対して本塁打なしの31打数5安打、1割6分1厘と苦しんでいることから、左腕が先発の試合では5戦連続でスタメンを外れた。17、18日(同18、19日)も左腕が先発予定とあって、いばらの道だ。

 もちろん途中出場の可能性はある。代打では今季、2打数1安打。メジャー3年間では通算32打数11安打の打率3割4分4厘で、18年には2本塁打も放っている。チームは残り11試合でプレーオフ進出圏内の2位・アストロズまで4・5ゲーム差と崖っぷち。大谷もチームもラストスパートをかけたいところだ。エンゼルスのスタメンは以下の通り。

 1(二)フレッチャー、2(一)ウォルシュ、3(中)トラウト、4(三)レンドン、5(指)プホルス、6(左)アップトン、7(捕)スタッシ、8(右)アデル、9(遊)シモンズ、投・バンディ=右報知新聞社