元ヤクルト・黒田真二氏 肺がんで死去、62歳 76年センバツ優勝投手

元ヤクルト・黒田真二氏 肺がんで死去、62歳 76年センバツ優勝投手

 元ヤクルトで1976年センバツ優勝投手の黒田真二(くろだ・しんじ)氏が15日、肺がんで死去した。62歳。広島県東城町(現庄原市)出身。本格派右腕として高校、社会人で活躍し、82年ドラフト外でヤクルトに入団も、現役5年間で通算49試合に登板して0勝7敗2セーブ、防御率5・07だった。

 黒田氏は76年センバツで崇徳(広島)のエースとして決勝では小山(栃木)を完封して初優勝へ導いた。同年のドラフトでは広島入りを熱望し日本ハムの1位指名を拒否。社会人を経て82年ドラフト外でヤクルト入りした。87年の現役引退後は打撃投手を務め、99年限りで退団していた。