「どの球児よりも一番いい経験」全国大会も代替試合も無くした作新学院女子野球部

「どの球児よりも一番いい経験」全国大会も代替試合も無くした作新学院女子野球部

甲子園中止やインターハイの中止、全国の高校生にとって前例無き夏となった2020年。

【画像】強豪女子野球部の練習場はこんな空間!

男子球児のみならず、野球に青春を捧げた女子高生たちにも大きな影響を与えていた。

栃木県の作新学院。

男子が所属する硬式野球部は、春夏合わせて25回の甲子園出場と3度の優勝を誇り、軟式野球部も全国高校最多となる17回の全国タイトルを獲得している野球の名門だ。

女子硬式野球部も例にもれず、2013年創部ながら昨年日本一に輝いている。

全国大会が無くなった高校球児たちは、“最後の夏”に何を目指し、何を思うのか。

女子球児たちのリアルに迫った。

 

夏の大会が無くなり、進学と部活で揺れる野球部

2019年、初の日本一に輝いた作新学院女子硬式野球部。

甲子園出場25回を誇る男子硬式野球部がグラウンドを使用するため、彼女達の練習場所は室内練習場が中心だ。

創部8年目となる女子野球部は、6人の3年生を中心に部員38人で全国大会連覇に向け、日々汗を流し続けていた。

その野球部でキャプテンを務めているのは、篠原優華選手。

7歳から野球を始めた篠原選手は、中学卒業後、日本一を目指し作新学院に入学し、埼玉県の実家を離れて寮生活をしながら野球に打ち込んできた。

全体練習の後には、必ず3時間の自主練を入学当初から欠かさず続けてきたという。

キャプテンとして、前年に続く全国大会優勝を目指し、チームをまとめ上げてきた篠原選手だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、5月29日に全国大会は中止が決定。

その救済措置として10月に代替大会が開催されることとなった。

その日の篠原選手の日記には、

まだ3年内でも課題があるし、改善していって、1つのチームを作り上げていきたい。やるからには最後までしっかりやりきる。

そんな決意が書き込まれていた。

しかし、同じく3年生のチームメートは、複雑な思いを抱いていた。

「受験が心配です…」と正直な思いを漏らした川村果穂選手。

本来であれば8月の全国大会を持って引退するはずだった3年生だが、代替大会が行われる10月まで野球を続けるとなると、受験勉強と部活を両立できるかが問題になってくる。

川村選手と金田萌依選手に野球と受験勉強のどちらを取るか尋ねると、2人とも「受験です」と答え、金田選手は「最後までやりきれなかったのは悔しいけど、次の目標が決まったので気持ちは切り替えて次に行こうとは思っています」と、引退の道を選ぶ事にした。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で歯車が狂い、野球に100%集中できなくなるチームメートたち。

「受験とかもあるけど、野球の練習に来ているからには、怠けるとか中途半端にはやってほしくない」

篠原選手はそう話していたが、実際にはその思いを、大切な仲間だからこそ伝えられずにいた。

毎日連絡をとっていた母・明美さんは「自分の気持ちを人に伝えるのがうまい子じゃないのから、『自分が思っていることは飲み込まないで言った方が良いと思うよ』と伝えました」とアドバイスしたが、それでも口には出せず心の内にしまい込んでしまっていた篠原選手。

「チームメイトに、指摘とか厳しい事を言えないので、もっと自分がキャプテンということを自覚してやらなくちゃいけないというのはあります」と、キャプテンとして想いを伝えられないことを悩みながら、練習に打ち込むことしかできなかった。

 次ページは:敗北を糧に成長を見せたキャプテンだったが…

1

/2ページ