ヤクルト・吉田喜、12日の巨人戦で1カ月ぶりの白星へ「次の勝ちを意識したい」

 ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(23)=日体大=が11日、東京ドームでキャッチボールや短距離ダッシュなどを行い、先発する12日の巨人戦(東京ドーム)に向けて調整した。

 プロ初勝利を挙げた8月7日のDeNA戦(神宮)から約1カ月白星をつかめていないルーキー右腕。「良いリズムで、攻撃につなげられるような投球を意識しています。開幕時のような緊張はもうありませんので、次の勝ちを意識したいです」と鼻息は荒い。

 前日10日には、広島のD1位・森下(明大)が7回1失点と好投し、6勝目を手にした。大学日本代表でともにプレーした同学年の活躍に「森下投手が投げた試合はニュースで毎回チェックするのですが、好投が多く、新人王を狙えるくらいの活躍なのですごく刺激になります」と吉田喜。自身も負けない好投で、2勝目を狙う。