【広島】野村祐輔、7点差守れず降板 佐々岡監督「残念な投球だった」

引用元:スポーツ報知
【広島】野村祐輔、7点差守れず降板 佐々岡監督「残念な投球だった」

◆JERAセ・リーグ 広島10―10ヤクルト=延長10回規定により引き分け=(9日・マツダスタジアム)

 広島は7点リードを守れず、今季8度目の引き分けとなった。先発の野村は7回に山田哲、村上に連続アーチを被弾。11安打7失点で降板すると、8回には3番手の塹江が4安打3失点の乱調でリードを吐き出した。

 前夜はヤクルト打線を1点に抑えたが、一夜にして4~6日のDeNA3連戦(マツダ)で計30失点した投壊に逆戻り。佐々岡監督は野村について「(7回は)集中力を欠くというか…。残念な投球だった」と厳しい表情だった。報知新聞社