ロッテは「沢村復活」へ申し分のない環境

引用元:日刊スポーツ
ロッテは「沢村復活」へ申し分のない環境

巨人沢村拓一投手(32)とロッテ香月一也内野手(24)のトレードが両球団で合意に達したことが7日、分かった。同日中に発表される予定。

「沢村復活」へ、ロッテは申し分のない環境だ。開幕から8回を任されたジャクソンから契約解除の申し出があり(9日に正式に契約解除、10日に大麻所持容疑で逮捕され、その後不起訴処分)、フロントもリリーフ補強に動いていた。

試行錯誤を経て、現在は7回唐川-8回ハーマン-9回益田の必勝リレーが固まっている。8月に限ると3人の右腕の防御率は0・53という盤石ぶりだ。

それでもリリーフを補強する訳がある。首位ソフトバンクと優勝争いをするロッテは、シーズン終盤に向けて、首脳陣がリリーフ陣の登板管理を徹底してきた。「3日連続登板」「1週間で4度登板」を回避し、コンディション維持と故障防止に努めている。3日の西武戦から4日、5日のソフトバンク戦にかけ、守護神益田が3日連続で登板したのが今季初の事例だった。3連戦3連勝をかけた6日の試合で益田の4連投はなく、唐川とハーマンが2点差の終盤2イニングを締めた。

優勝争いはこれからが本番。リード時に、3人のうち1~2人が投げられない試合は今後、ますます増える。誰が「4人目」になるか。東妻、小野、東條の右腕勢に、山本、永野の左腕勢が奮闘を続けるが、まだ抜群の安定感はない。経験豊富な左腕松永も2軍調整が続く。重要な4人目に沢村がはまれば、僅差の勝利が多いロッテにとって、逆転優勝への大きな原動力となりうる。

ロッテには中大時代の2年先輩・美馬がいる。昨オフに楽天からFA移籍で入団し、チームにすっかりなじんでいる。中大時代の1年後輩、スラッガーの井上も中心選手の1人。巨人一筋で10年目、その半ばでの新天地は、沢村の力を発揮しやすい環境でもありそうだ。【金子真仁】