「多事走論」巨人4連戦ポイント3つ /大石大二郎

引用元:日刊スポーツ
「多事走論」巨人4連戦ポイント3つ /大石大二郎

<阪神4-3ヤクルト>◇3日◇甲子園

阪神はラッキーな形で逆転し、巨人戦にはずみをつけた。巨人4連戦は4連勝、悪くても3勝1敗が欲しいが、超最悪最低でも2勝2敗が絶対条件だ。負け越すようでは、もう優勝の目はない。エース西勇輝が投げる初戦を取って勢いをつけたいところで、大事な3つのポイントを挙げたい。

【写真】キナチカで7球先制 近本はリーグトップ16盗塁

<1>コンパクト打撃 4日先発の戸郷をはじめ、今年の巨人の投手陣は真っすぐも変化球も質が良く、打ち崩すのは簡単ではない。だが、良い投手を打つお手本が、この日のヤクルトの攻撃にあった。好投の青柳相手に4回、2番青木から2得点した場面は、中軸も逆方向へのコンパクトな打撃を徹底していた。コンパクトでも強く振ることはできる。戸郷は2度対戦して球筋も分かっている。しっかりイメージしたコンパクト打撃を徹底してほしい。

<2>ミスは命取り 木浪は6回のピンチの中間守備で、本塁刺殺ではなく遊ゴロ併殺に仕留めた素晴らしい判断もあった。ただ強いチームと戦う時は、少しのミスが致命傷になる。初回、二塁走者の木浪が糸井の大きな中飛でタッチアップできなかった。一塁カバーに入った青柳がベースを踏み損ねて併殺を取れない場面もあった。防げるミスは防がないと、強いチームは見逃してくれない。頭の中で次に起こり得るプレーを整理して、しっかり頭と体の準備をすることが大切だ。

<3>近本よ走れ 阪神も西勇、藤浪、秋山らいい投手が先発しロースコアが予想される。いかに1点でも多く取るか。期待したいのは近本の足だ。なかなか盗塁のスタートを切れないシーンが目立つ。7回2死一塁の場面も、二盗のスタートは4球目だった。1、2球目で走って打者を打撃に集中させたいし、特に2死の場合はアウトになっても次は2番から攻撃できる。三盗を狙ってもいい。足という大きな武器があるのだから、もっと相手に重圧をかけたい。サンズらいい打者の前で得点圏を作りたい。(日刊スポーツ評論家)