巨人サンチェスは6回1安打1失点で交代 復帰戦の好投に原監督も満足げ

巨人サンチェスは6回1安打1失点で交代 復帰戦の好投に原監督も満足げ

 「巨人-DeNA」(2日、東京ドーム)

 右肩の違和感で戦列を離れていた巨人のエンジェル・サンチェス投手が7月18日以来の先発。6回を1安打1失点と好投した。

【写真】サンチェスを援護!丸の一発が口火に

 初回は無失点に抑えたが、変化球に苦しみ、直球に頼らざるを得ない苦しい投球。二回1死後、山下に四球を与えるも大和を初球、遊ゴロ併殺打に抑え、無失点で抑えた。

 四回には1死三塁から佐野の二ゴロの間に1点を取られたが、五、六回と三者凡退に抑え降板。ベンチの原監督からもねぎらいの言葉をかけられた。