【MLB】頭部への162キロで遺恨 一触即発の睨み合い、レイズ指揮官は“報復予告”?

引用元:Full-Count
【MLB】頭部への162キロで遺恨 一触即発の睨み合い、レイズ指揮官は“報復予告”?

■ヤンキース 5-3 レイズ(日本時間2日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手が今季初勝利をマークした1日(日本時間2日)の本拠地でのレイズ戦。日本人右腕が6回3安打2失点と好投して白星を掴んだ一戦は、後味の悪い幕切れとなった。

【動画】162キロの剛速球が頭部を襲う… チャップマンの投球から両軍が睨み合うまでの一部始終の映像

 ヤンキースが2点をリードして迎えた9回のレイズの攻撃だった。2死から打席に立ったマイケル・ブロソーへの初球。ヤンキースの守護神アロルディス・チャップマンが投じた100.5マイル(約161.7キロ)はブロソーへの頭部付近へ。間一髪のところでブロソーが回避したものの、不穏な空気が流れた。

 チャップマンがブロソーを空振り三振に切って取ると、レイズサイドの怒りが爆発。ブロソーが声を荒げてチャップマンとヤンキースに向けて抗議の矛先を向けると、両軍の監督、選手らがベンチを飛び出して睨み合いに。ブルペンにいた投手陣も駆けつけ、一触即発の事態となった。

 乱闘こそ避けられたものの、両軍の怒りはおさまらず。MLB公式レイズ番フアン・トリビオ記者が自身のツイッターで伝えたところによると、レイズのケビン・キャッシュ監督は「馬鹿げている。もうたくさんだ。ヤンキースによる間違った行いだ。(ヤンキースは)あわれな判断。あわれなコーチング。あわれなティーチング」とヤンキースサイドを非難した。

2018年に起きたサバシアの“報復死球”から因縁が続くヤンキースとレイズ

 両チームには2年前からの“因縁”があった。当時ヤンキースのCC・サバシア投手が、レイズ選手に死球を与えた。直前に味方が頭部付近へのビーンボールを浴びており、その報復の死球だった。ここからヤンキースとレイズの間には遺恨が勃発。今年の8月8日(同9日)のダブルヘッダー第2戦でもレイズの投手が再三、頭部付近への投球を繰り返し、これに抗議したブーン監督らが退場になっていた。

 この日、初回には田中が3番のウェンドルに死球を与えていた。米ヤフースポーツは「レイズは試合の序盤からヤンキースに狙われているように感じていた。具体的に言うと、ジョーイ・ウェンドルはマサヒロ・タナカが初回に彼に死球を当てたのは偶然ではないと信じている。レイズは8イニングにわたってその投球についてイライラしていた。そして9回にチャップマンが100マイルの速球をマイケル・ブロソーの頭部のあまりに近くに投げたときに、我慢の限界がきた」と伝え、田中の与えた死球が事の発端にあったのでは、と見ている。

 トリビオ記者によれば、キャッシュ監督は「3年前には私たちの選手から故意に投じられた球は1球もなかった、と断言できる。誰かに責任がある。そして最後に言っておくが98マイル投げられる投手がこちらにはたくさんいる」と半ば脅迫とも取れる言葉を発し、これに対してブーン監督は「それはかなり恐ろしいコメントだ。それが全く適切だとは思わない」と反応したという。ただならぬ空気の中で試合が終わった一戦。2日(同3日)の試合に尾を引かぬよう願いたいものだ。Full-Count編集部