早大生・仁志敏久だけはバルセロナ五輪に連れて行きたかった【日本代表2800日 オリンピック野球伝道】

早大生・仁志敏久だけはバルセロナ五輪に連れて行きたかった【日本代表2800日 オリンピック野球伝道】

【日本代表2800日 オリンピック野球伝道】#18

 1992年バルセロナ五輪のメンバーは、大学生、社会人のアマ選手のみで構成された。プロが加わるのは2000年のシドニー五輪から。89年からの4年間、何百人というアマ選手の中から、数十回の合宿、海外遠征を経て、最終的に20人に絞る。ギリギリのところで外れた選手たちも、実力は紙一重だった。

 そんな中で、私がどうしてもバルセロナへ連れて行きたかった大学生がいた。メンバー入りした小久保裕紀(青学大→ダイエー)と同級生だった仁志敏久(早大→日本生命→巨人)である。

 当時、遊撃手だった仁志は、日本オリンピック委員会(JOC)の強化指定選手に選ばれるほど、能力が高く評価されていた。バルセロナだけに限らず、将来の日本代表をリードしていく立場にある選手だと思っていた。合宿や遠征時のミーティングでは、小久保とともに一番前に座り、一言も聞き漏らさない、といった感じで熱心にメモを取っていた。

 しかし、最終的に仁志は代表入りしなかった。というよりもむしろ、仁志を入れることができなかった。

 当時のアマチュア野球界の組織の問題が少なからず影響した。五輪の公開競技だった野球は86年に、6年後のバルセロナ五輪から正式競技になることが決定した。これによってJOCに所属することになり、90年に日本代表を編成するための組織として、今の私が所属する「全日本野球協会」の前身である「全日本アマチュア野球連盟」が発足。学生野球、社会人野球のアマチュア野球組織を代表する形でJOCに加盟した。

 その一方で、大学野球と社会人野球はそれぞれ、独立した連盟組織としての長い歴史を歩み、それぞれの組織に理念や文化がある。たとえば大学(高校も含む)には「学生野球憲章」があり、学生野球はあくまで教育の一環で、野球が学業を妨げてはならないとされている。五輪へ参加するためには、直前のイタリアでのコロンブス大会への参加を含め、約1カ月間の長期遠征となり、当然、学業にも支障をきたすことになる。

■「あの時は本当に悔しかった」

 そんな事情を考慮した上で、私は小久保が在籍する青学大、仁志が在籍する早大へ足を運び、野球部の指導者へ派遣のお願いをした。

 しかし、仁志については長期間、学業から離れることから、派遣は難しい、という回答だった。その4年後の96年アトランタ五輪では投手の三沢興一(早大→巨人)が早大から代表入りしているが、仁志がいた当時は、実現には至らなかった。

 92年3月、神宮球場で行われたプロアマ交歓試合に出場後、私は仁志に代表から外れる旨を伝えた。本当の理由を告げるわけにはいかず、20人の最終メンバーを選ぶにあたり、野球の技術面の課題をその理由とした。なぜ僕がといわんばかりの、とても悔しそうな仁志の表情が今でも忘れられない。

 本当の理由を伝えることができたのは、彼がプロ入りした後のことだった。横浜ベイスターズでフロントを務めていた時、仁志が巨人から加入した。人づてに理由を聞いていたという仁志は、「あの時は本当に悔しかったです」と言っていた。そうした経緯がありつつも、仁志は現役引退後、侍ジャパンのコーチやU12代表の監督を務めるなど、日本代表に率先して関わってくれている。私もアマ野球界のさらなる発展のために尽力したいと改めて思う。  =つづく

(山中正竹/ソウル五輪コーチ/バルセロナ五輪監督)