磐城の春、完結。前監督の魂のノックでスイッチ

引用元:日刊スポーツ
磐城の春、完結。前監督の魂のノックでスイッチ

<甲子園高校野球交流試合:国士舘4-3磐城>◇15日◇甲子園

伝統のコバルトブルーの戦士たちが、聖地で躍動した。センバツ21世紀枠の磐城(福島)が、昨秋の東京王者・国士舘と堂々と渡り合った。肘の不調で全力投球ができないエース沖政宗投手(3年)を、バック全員で助けた。

【写真】試合前、ノックをする磐城の木村前監督

1回1死三塁で三ゴロから併殺に。3回には難しい飛球を市毛雄大遊撃手(3年)が好捕。7回1死では小川泰生一塁手(3年)が、邪飛を追いカメラマン席にダイブ。同1死二塁では、安打で本塁をついた走者を樋口将平右翼手(3年)が本塁補殺の好返球。8回には清水真岳左翼手(3年)がダイビングキャッチ。捕手の岩間涼星主将(3年)は、2度二盗を刺した。

魂のノックでスイッチが入った。センバツ中止決定後に県高野連事務局入りのため福島商に異動となった木村保前監督(50)が、特例で試合前のシートノックを行った。7分間で71球。「人生でこれほど特別で濃密な7分間は初めて。時が止まっているような感じだった。最高の舞台で、最高の準備ができるようにと思ってやらせていただいた」。市毛は「みんな緊張していたけど、ノックのおかげで足が動くようになった」、岩間主将は「魂のこもったノックを1球1球打ってもらい気持ちが上がった。ファインプレーは木村先生の魂があったおかげ」と感謝した。

木村前監督からバトンを引き継いだ渡辺純監督(39)は「日ごろの練習のたまものでもあるし、木村先生のノックで気持ちを吹き込んでもらったことがプラスに働いた」。8回バント安打で珍しくヘッドスライディングした岩間主将は「最後まで諦めたくない気持ちが自然に出てしまった。これが甲子園なんだなと。ファインプレーも、このチームでこんなに見たことがない。甲子園が力を引き出してくれた」と感謝した。

木村前監督は試合後に選手と再会した。「粘り強く、我慢強く最後の最後までよく頑張った。センバツ中止、私の異動、夏の大会中止と選手はずっと我慢してきた。彼らをほめてあげたい。今日は彼らが高校野球の魅力を体現してくれた」と、成長した姿に涙をあふれさせた。【野上伸悟】