履正社に“連敗” 「この悔しさを後輩に」 星稜の内山主将 交流試合

履正社に“連敗” 「この悔しさを後輩に」 星稜の内山主将 交流試合

 2020年甲子園高校野球交流試合は第4日の15日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、昨夏の甲子園決勝の再戦は履正社(大阪)が10―1で星稜(石川)に大勝した。星稜の内山壮真主将は「序盤の大量失点が敗因」と悔やんだ。内山主将の談話は次の通り。

【写真】昨夏の甲子園決勝再現 履正社に軍配

 ◇野球ができる喜びを感じた

 序盤の大量失点が敗因となった。県独自大会が終わってから、履正社に対してチャレンジャー精神を持って戦おうとやってきた。(自身は4打数無安打で)九回の場面で(大きな飛球が左飛となり)1本打ちたかったが詰まってしまった。力不足だった。

 観客がいない状態は不思議な感じで、声援があった方が去年のような勢いに乗れたかもしれない。去年の決勝で悔しい思いをして今回も負けてしまい、この悔しさを後輩に託したい。負けたことを次のステージで生かす。(新型コロナウイルスの影響による休校などを経験し)野球ができる喜びを感じた。いろいろな人の力がないと甲子園でプレーすることはできなかった。すべての人に感謝したい。