【13日のMLB日本選手】ダル7回1失点11Kで3勝目、筒香マルチ 秋山無安打もスーパーキャッチ

【13日のMLB日本選手】ダル7回1失点11Kで3勝目、筒香マルチ 秋山無安打もスーパーキャッチ

 MLBは13日(日本時間14日)、各地で6試合が行われた。カブスのダルビッシュは、本拠でのブルワーズ戦で7回1死からソロ本塁打を浴びるまで無安打投球。結局、7回1安打1失点、11三振3四死球で3勝目(1敗)を挙げた。

 レイズの筒香は敵地でのレッドソックス戦に「8番・左翼」でフル出場。3回無死一、三塁の打席では初球がボールとなった直後、球場上空にドローンが侵入し試合が約6分間中断も、再開直後に右前適時打。5打数2安打2打点1得点で2三振で、7月28日のブレーブス戦以来のマルチ安打をマーク。チームも17―8で6連勝を飾った。

 レッズの秋山はパイレーツ戦に「1番・左翼」で先発出場。3打数無安打も、5回の守りではフレージャーの放った左翼後方の大飛球に背走し、完璧なタイミングでジャンプ。フェンスに激突しながらのスーパーキャッチを見せた。7回にもレイノルズの左翼線方向へのライナーに素早い反応を見せて好捕。チームは6―9で敗れたが、守備で存在感を発揮した。