ダルビッシュの“ノーヒッター未遂”に敵将は「打てる球はほぼなかった」、敵軍メディアも「アンタッチャブル」と完敗宣言

引用元:THE DIGEST
ダルビッシュの“ノーヒッター未遂”に敵将は「打てる球はほぼなかった」、敵軍メディアも「アンタッチャブル」と完敗宣言

 文字通り、ダルビッシュ有が試合を「支配」した一日だった。

 シカゴ・カブスのダルビッシュは現地時間13日、本拠地で行われたミルウォーキー・ブルワーズ戦に先発すると、6回終了までノーヒットノーランの圧巻のピッチングを披露。7回1死の場面で、この日初となる被安打をソロホームランで献上したものの、安打も失点も1つにとどめ、7回を投げて1安打1失点、今季初の2ケタとなる毎回の11奪三振の快投で3勝目を手にした。

【動画】ダル、圧巻の11Kハイライトはこちら!

 今季緒戦に4回3失点で黒星を喫したブルワーズ打線に、この日は最速97.9マイル(156キロ)の4シーム、97.6マイル(156キロ)のシンカー、カッター、カーブ、ナックルカーブ、スライダー、スプリッターと、多彩な変化球を駆使して制圧に成功。11個の三振のうち、スタットキャストの分類ではカッターで8個、4シームで2個、シンカーで1個三振を奪ったと計測されているが、本人がスプリッターと指摘した球種もあり、最新機器が幻惑するほどの変化球なのだから当然、打者からしても見極めが困難ということだろうか。

 

 果たして、あわやの快投を見せたダルビッシュの投球を、相手ベンチから“見守る”ことしかできなかったブルワーズの指揮官、クレイグ・カウンセルは「我々が打てるようなボールはほぼなかったように思う」と、まさかの完敗宣言。「(前日までチームOPSがメジャーワースト4位と)攻撃面で我々が苦戦しているのは間違いないが、素晴らしすぎるパフォーマンスだった」とは敵将の弁。「97マイルの速球、80マイル台の変化球、カッター。どれも本当に良かった」と完敗しきりの様子だった。

 そして、ブルワーズの地元紙『ミルウォーキー・ジャーナール・センチネル』すらも、この試合を伝えた記事で「ユウ・ダルビッシュはアンタッチャブル(無敵に近い状態)だった」と、最大級の表現でライバル球団のエースに称賛を送った。

 今回の快投により、ダルビッシュはリーグトップに並ぶ3勝、6位の防御率1.88、5位のWHIP0.75、7位のK/BB6.75と、ほぼすべてのカテゴリーでトップクラスの成績を残している。好調が持続できれば、2013年に2位に終わったサイ・ヤング賞も、十分に射程圏内と言えるだろう。

構成●SLUGGER編集部