9回2死から“青い稲妻”盗塁…常識破りの長嶋采配 あの名場面の裏側

引用元:夕刊フジ
9回2死から“青い稲妻”盗塁…常識破りの長嶋采配 あの名場面の裏側

 【あの名場面の裏側】

 7月19日のDeNA対巨人戦。9回表、1点を追う巨人は2死となったが、坂本が四球で出塁すると代走に切り札の増田大が送られた。

 増田大はすかさず二盗に成功。続く丸の二塁内野安打で一気に生還して3-3の同点に追いつくと、岡本の2ランで逆転勝ちした。崖っぷちで盗塁させた巨人・原監督の「大胆な作戦」がたたえられたが、43年前、当時の長嶋監督が指示した9回2死からの盗塁は「なんと無謀な作戦か」とネット裏を騒然とさせた。

 1977(昭和52)年4月19日、甲子園での阪神-巨人戦。2-3と1点リードされた巨人9回表の攻撃も簡単に2死となった。

 が、巨人はこの“死の淵”から猛反撃。六番・土井正三(故人)が渋い内野安打で、小さな芽をつくると、長嶋監督はここですかさずルーキーの松本匡史を代走に送った。ここまではごく普通の采配だが、そのあとの攻めが意外だった。

 まず7番上田武司に代えて山本功児(故人)を送る。その狙いはチャンスに強い山本功の長打に期待し、俊足の松本が一気に生還する。そう想像できた。

 しかし-敵も味方もあっと息をのみ、スタンドがどよめいたのは阪神・古沢憲司投手の2球目のフオークボールが投げられたときだった。一塁走者の松本が突然、二塁に向かってスタートを切ったのだ。当時、リードされているチームが9回2死から盗塁を仕掛けるような作戦はなかった。

 「大胆というよりは無謀。もし、盗塁が失敗したら即ゲームセット。土壇場で生か死のバクチを打ってよいものか。結果はどうあれゲームセットになる危険を避けるのが指揮官の取るべき作戦だろう」という記者、評論家の意見が強かった。

 もし、失敗して試合終了となっていたら「野球を知らない無能監督」の烙印(らくいん)を押されかねなかったろう。

 ところが、このカケは成功した。古沢-田淵幸一のバッテリーは全く無警戒で、松本は余裕十分で二塁へすべり込んだ。動揺した古沢から山本功が中前にタイムリーヒットを放ち、土壇場で同点。そして、延長10回に2点をあげて逆転勝ちしたのだ。

 「ええ、初めての体験でしたね。でも、負けゲームでは常識に頼ってばかりはいられません。2死1塁のあの場面で点をとるにはヒット2本は必要。ワンヒットで返すには盗塁しかない。松本の盗塁成功の確率と、下位打線でヒット2本が続く確率をはかりにかけ、松本の足にカケたわけです」と長嶋監督は説明した。古沢にフオークボールが多く走りやすいと考えたとも。

 前年、ドラフト5位で入団した松本だが、プロ入りに自信がなく社会人チームへの入社が決まりかけていた。

 それでも長嶋監督は早大時代の松本のとび抜けた足の速さにほれ込み、粘り強く交渉。なんと新入団選手の発表日の昼までホテルで説得し、OKをとりつけるとそこから入団発表の席に駆け付けるという、まさに綱渡りの合意だった。「いざというときに松本の足を使おう」と監督は考え、開幕からこのルーキーをベンチに入れていたのだった。

 ネット裏の批判を浴びた9回2死からの盗塁はその後あちこちのチームがやるようになり、今はごく「普通の作戦」になっている。

 松本はその後、スイッチヒッターに転向。79年秋の地獄の伊東キャンプを経て81年藤田元司監督のもとで不動の1番打者に。82年にはセ最多の76盗塁も記録し“青い稲妻”として暴れまくった。 (スポーツジャーナリスト・柏英樹)