佐久長聖、初回2死から集中打浴びせ3点先制/長野

引用元:日刊スポーツ

<高校野球長野大会:佐久長聖-飯山>◇10日◇決勝◇長野オリンピックスタジアム

佐久長聖が飯山のエース常田唯斗投手(3年)の立ち上がりに集中打を浴びせて3点を先制した。

1回、2死から藤原太郎内野手(3年)が中前打で出塁。4番堀恭輔外野手(3年)に対し1-0からの2球目に一塁走者の藤原がスタートを切り、堀の左翼フェンス直撃の二塁打で長躯ホームインして先制に成功。さらに2死二塁から楠悠磨外野手(3年)の左前適時打で2点目。なおも2死二、三塁から7番野沢佑太内野手(3年)のバントヒットで3点目を奪った。

投げては、先発梅野峻介投手(3年)が2回を無安打1四球で抑える上々の立ち上がりを見せた。試合は3回表を終わり佐久長聖が3点をリードした。