甲子園交流試合が開幕、初戦の「大分商」と「花咲徳栄」のみで開会式

 新型コロナウイルスの影響で中止になった今春の選抜大会に選出されていた32校を招いた「2020年甲子園高校野球交流試合」が10日、開幕した。

 感染対策のため、原則無観客で行われ、開会式は第1試合で対戦する大分商(大分)と花咲徳栄(埼玉)の2校だけが参加。ほかの出場校はスコアボードの大型画面に集合写真が映し出されて紹介された。

 選手宣誓は両チーム主将が2人で実施。大分商の川瀬堅斗主将は「新型コロナウイルスや豪雨災害からの復旧復興の中、独自大会や交流試合を開催していただけることによって、再び希望を見いだし諦めずにここまでくることができた」、花咲徳栄の井上朋也主将は「被災された方々を始め、多くの人にあすへの勇気と活力を与えたい」などと述べ、2人で「最後まで戦い抜くことを誓います」と締めくくった。