【MLB】大谷翔平が今季初マルチも打線は毎回13三振 指揮官「打てない球を振っている」

引用元:Full-Count
【MLB】大谷翔平が今季初マルチも打線は毎回13三振 指揮官「打てない球を振っている」

■レンジャーズ – エンゼルス(日本時間10日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地のレンジャーズ戦で「4番・指名打者」で先発出場した。初回の第1打席で3試合12打席ぶり安打となる中前打を放つと、6回の第3打席では左翼線二塁打。今季打者出場10戦目で初のマルチ安打をマークした。打率.171。チームは3-7で敗れて今季2度目の3連敗を喫した。

【動画】今季初マルチはお見事“悪球打ち” 大谷翔平の技ありレフト線へのツーベースヒット

 大谷は初回2死一塁、通算99勝右腕リンの94.4マイル(約151.9キロ)のフォーシームをライナーで中前へ打ち返した。打球速度は108マイル(約173.8キロ)。6回先頭では2番手右腕ボルケスの外角高めへ外れる94.2マイル(約151.6キロ)のシンカーに反応。見逃せばボール球だったが、左翼線へ打ち返す二塁打として、今季初のマルチ安打をマークした。8回先頭では四球。今季最多の3出塁を記録したが、打線は6安打で毎回13三振とつながりを欠いた。

 トラウトに昨季ナ・リーグ打点王のレンドンを獲得。戦前は強力打線と期待されたが、チーム打率.209はリーグ12位(全体25位)だ。マドン監督は「強い打球が正面をついたりと運がない部分もあった。相手投手による部分もあるだろう。しかし大部分はウチの打者たちが打てない球を振ってしまうなど十分な働きができていない」と分析した。

 チームは地区最下位。強打が魅力のチームが打てなくてはチーム戦績にもつながってこない。指揮官は「良くなっていく自信はある。攻撃陣はまだまだこんなものじゃないと知っている。投手陣も良くなってきている数字がある。守備もまだ少し堅くできる。我々はもっと良くできる能力がある。だから私は自信を持っている。しかし、投手陣がもっと良くならないと我々は勝てない。地区を取ることはできない。ブルペンが良くなってきているという事実は好ましく思っている。我々の打線には非常に名の通った選手が並んでいる。彼らはその実力を見せてくれるだろう」と復活を心待ちにしていた。盆子原浩二 / Koji Bonkobara