大分商、花咲徳栄が選手宣誓「再び希望を」「勇気と活力を」【全文】

大分商、花咲徳栄が選手宣誓「再び希望を」「勇気と活力を」【全文】

 「高校野球交流試合」(10日、甲子園球場)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった今春のセンバツに選出された32校を招待して開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」が開幕。午前10時から開幕試合を戦う大分商、花咲徳栄(埼玉)の2校が参加し、開会式が行われた。

 前例のない「夏の甲子園」。選手宣誓も大分商の川瀬堅斗主将、花咲徳栄の井上朋也主将が並んで行った。宣誓全文は以下の通り。

 (川瀬堅斗主将)「宣誓、私たち高校球児は夢の舞台、甲子園を目指すことを目指し、仲間たちと励まし合いながら、心技体を鍛えてきました。新型コロナウイルスとの戦い、度重なる大規模な豪雨災害からの復旧、復興など、厳しく不安な状況下で生活している方もたくさんおられます。このような社会不安があるなか、都道府県の独自大会、そしてこの2020年甲子園高校野球交流試合を、開催していただけることによって再び希望を見いだし、あきらめずにここまでくることができました」

 (井上朋也主将)「ひとりひとりの努力がみんなを救い、地域を救い、新しい日本を作ります。想像、挑戦、感動、いま、私たちにできることは一球をひたむきに追いかける全力プレーです。交流試合の開催や、日々懸命に命、生活を支えて下さっている皆様への感謝の気持ちを持ち、被災された方々をはじめ、多くの皆様に明日への勇気と活力を与えられるように、選ばれたチームとしての責任を胸に、最後まで戦うことをここに誓います」

 開会式は感染対策で両校の選手は、ソーシャルディスタンスを保って整列。無観客のスタンドでは、ベンチ外の選手や一部の関係者などが間隔を取ってスタンドで見守った。バックスクリーンの大型スクリーンでは、招待校32校の集合写真が紹介された。