ソフトバンク1軍活動は通常通り継続 4日から仙台で楽天6連戦

ソフトバンク1軍活動は通常通り継続 4日から仙台で楽天6連戦

 選手、チームスタッフに新型コロナウイルス感染者が相次いだソフトバンクは4日、今後の1軍活動方針について通常通りとすることを発表した。

【写真】検査のため検体を採取しているとみられるソフトバンク選手

 オンラインで会見した三笠杉彦ゼネラルマネジャーは「当球団といたしましては、より一層の感染防止措置の徹底とともに、感染者の早期発見および、早期対応に務める所存です」などと述べた。

 球団は1日に現在ファーム調整中の長谷川勇也外野手が、3日には30代の1軍チームスタッフがPCR検査で陽性判定されたと発表。これを受け所轄保健所の指導の下、日本野球機構(NPB)が開幕前に定めた感染予防ガイドライン」に基づき、陽性判定を受けたスタッフおよび、このスタッフと同室の球場控室を使っていた別のスタッフ2人を除いた1軍の監督・コーチと選手、スタッフについては、通常通りの活動を行ううとの結論に至ったという。

 ソフトバンクは4日から楽天生命パーク宮城で楽天6連戦に臨む。

 ファームの活動については、2日に実施したPCR検査の結果および、長谷川の濃厚接触者の判定などを鑑みた上で決める。西日本スポーツ