ヤクルト、重盗実らずドロー…中日から得点奪えず

 中日0―0ヤクルト(セ・リーグ=2日)――ヤクルトが五回、重盗を仕掛けたものの失敗に終わった。

 二死一、三塁の好機で、打席には投手の山中を迎えた場面だった。まず一塁走者の西田がスタート。マウンドの中日・梅津が西田を見た隙に、三塁走者の山崎がスタートを切った。

 しかし、その動きに気づいた梅津が素早く本塁へ送球。山崎は頭から滑り込んだものの、惜しくもタッチアウトとなった。