広島の先発・遠藤がプロ初タイムリー 4点差に広げる

広島の先発・遠藤がプロ初タイムリー 4点差に広げる

 「巨人-広島」(2日、東京ドーム)

 広島の先発・遠藤にプロ初適時打が生まれてリードを広げた。

 三回1死から6番・堂林が中前打、続く坂倉が右翼フェンス直撃の二塁打で二、三塁としたところで巨人先発・桜井をKO。2番手の大江に田中広は三振に倒れたが、遠藤が中前に2点適時打を放って5-1とした。