菊池雄星初勝利消えるも「必ず勝ちは付いてくる」

引用元:日刊スポーツ
菊池雄星初勝利消えるも「必ず勝ちは付いてくる」

<マリナーズ2-3アスレチックス>◇1日(日本時間2日)◇Tモバイルパーク

マリナーズ菊池雄星投手(29)が、6回3安打無失点1四球9奪三振と好投したものの、勝敗は付かなかった。

【写真】6回を無失点に抑えサービス監督とタッチする菊池

立ち上がりから快調で、1、2回はいずれも2奪三振などで無失点。3、5回は許した走者を併殺に仕留めた。

6回無死から連打を浴びたものの、連続三振と内野ゴロに抑え、三塁を踏ませなかった。

球数は89球。

最速は97マイル(約156キロ)。

2-0とリードした状況で勝利投手の権利を持って交代したが、救援投手が同点に追い付かれ、菊池の今季初勝利は消えた。

試合後の菊池は「今日は、いいボールが投げられてストライク先行で行けたと思います。オフに取り組んできたことを表現できた。こういう投球をしっかりと続けていれば、必ず勝ちは付いてくると思います」と、確かな手応えを感じたようだった。

試合は、マリナーズが延長10回に勝ち越され、連勝は3で止まった。