ソフトバンクVS西武中止、テレビ中継は2009年WBC決勝に差し替え

 ソフトバンクの選手に新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、2日に予定されていた1軍の西武戦(ペイペイドーム)が中止になった。同試合はTBSが中継予定だったが、急遽、2009年のWBC(ワールドベースボールクラシック)決勝の日本対韓国が放送されている。

 中継予定だったTBSは、冒頭で試合が中止になったことを説明してから、2009年WBC決勝を放送している。

 イチローを筆頭に、田中将大、松坂大輔、ダルビッシュ有、城島健司、青木宣親ら、挙げきれないほどのスター選手が出場した同大会。日本と韓国は決勝を含め5度対戦したことでも話題になった。