ソフトバンクが長谷川勇也外野手の新型コロナ陽性を発表 2日の一軍・西武戦も中止

引用元:東スポWeb
ソフトバンクが長谷川勇也外野手の新型コロナ陽性を発表 2日の一軍・西武戦も中止

 ソフトバンクホークスは1日、所属する長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルス陽性と判定されたことを発表した。

 これを受けて球団は、2日に予定されていた一軍の西武戦(ペイペイドーム)を中止にすることも同時に発表した。

 長谷川は7月31日の就寝時に喉の違和感と37・3℃の微熱を発症。1日の7時に喉の違和感は消失していたものの、37・2℃の微熱は続いていたという。同日、病院受診しPCR検査を受けたところ、陽性判定を受けた。現時点では発熱などの症状はなく、保健所の指示により自宅待機しているという。

 現在はファームにいて、一軍の選手、首脳陣、スタッフとの直接的な接触はなかった。ただ、専門家チーム・地域アドバイザーの泉川公一教授より、ファーム施設を利用している一軍選手や、スタッフを経由しての感染の可能性が否定できないとの見解も得たため、2日の一軍戦も中止することになった。

 これまでプロ野球では3月下旬に阪神・藤浪晋太郎投手、長坂拳弥捕手、伊藤隼太外野手の3選手が感染。6月上旬には巨人の坂本勇人内野手、大城卓三捕手がPCR検査の結果、陽性反応が出ていた。6月19日の開幕後では、初の選手の感染となった。東京スポーツ