【速報】ソフトバンク長谷川選手が感染 開幕後プロ初、2日の試合中止

【速報】ソフトバンク長谷川選手が感染 開幕後プロ初、2日の試合中止

 福岡ソフトバンクは1日夜、オンラインで会見を開き、2日に予定されていた西武戦(ペイペイドーム)の中止を発表した。長谷川勇也外野手(35)が新型コロナウイルス陽性と判定されたことも発表した。6月19日の公式戦開幕以降、プロ野球で選手の感染が確認されたことも、それに伴う試合中止も初めて。

【写真】ソフトバンク公式チア新メンバー7人

 今季5年ぶりに開幕スタメン出場した長谷川選手は11試合で打率2割9分7厘と結果を残しながら、右脇腹痛で7月7日に登録を抹消。その後は筑後のファーム施設でリハビリを行い同28日のウエスタン・阪神戦で実戦復帰したばかりだった。31日まで練習に参加していたが、同日の就寝時にのどに若干の違和感があり、37・3度の微熱があった。8月1日朝ものどの違和感はなくなったものの、37・2度の微熱があり、病院でPCR検査を受け、午後3時ごろに陽性判定を受けた。保健所の指示により、自宅待機をしているという。

 これまでソフトバンクの球団関係では、ペイペイドーム内のオフィスなどに勤務する60歳代の男性従業員や同ドームで場内案内業務をしていた業務委託先の20代の男性アルバイト従業員が陽性判定されたと発表されていた。

 長谷川選手と1軍首脳陣、選手、スタッフと直接の接触はなかったが、長谷川選手はファーム施設を利用しており、同施設を通しての1軍選手、スタッフへの感染の可能性を否定できないとして、2日の西武戦中止を決定した。

 同球団で選手の新型コロナウイルス感染が確認されたのは初めて。2日にファーム本拠地のタマスタ筑後を終日閉鎖し、消毒を行う。西日本スポーツ