プロ注目右腕、佐和・黒田晃大投手がプロ志望表明 茨城県大会で自己最速145キロマーク

引用元:中日スポーツ
プロ注目右腕、佐和・黒田晃大投手がプロ志望表明 茨城県大会で自己最速145キロマーク

 高校野球独自大会の茨城県大会は1日、ノーブルホームスタジアム水戸などで行われ、プロ注目右腕の黒田晃大投手(3年)を擁する佐和は水戸啓明に5―7で敗れ、ベスト8を前に敗退した。自己最速の145キロをマークするなど、5イニングを5安打2失点の黒田は「プロにいきたい。投手でやっていきたい」とプロ志望を表明した。

 初回に自己最速を3キロ更新したものの、変化球の制球に苦しみ序盤に2失点し、100球に近づいたところで降板。三塁守備に就き、8回には4番打者として同点の足がかりとなる適時二塁打を放ったが、2点を追う9回2死一、二塁では遊飛に終わり、最後の打者となった。

 「亡くなった、小学校のときのチームメートの分まで頑張ろうと思ったが、最後に自分が打てなくて負けたのが悔しい」と涙を見せた黒田。視察した中日の小山スカウトは「直球も変化球も悪くない。体ができてくればリリースも安定する」と評価した。