ヤクルト・塩見、自身3戦連発の先制4号ソロ「しっかりと押し込むことができた」

ヤクルト・塩見、自身3戦連発の先制4号ソロ「しっかりと押し込むことができた」

 ヤクルト・塩見泰隆外野手(27)が31日、中日7回戦(ナゴヤドーム)に「2番・右翼」で先発出場。一回1死の第1打席に、右翼ポール際へ先制の4号ソロを放った。

 相手の先発左腕・大野雄が投じた146キロの直球を捉え、「甘くきた球を強く打つことを意識して打席に入りました。しっかりと押し込むことができました」。前日30日は欠場したが、28、29日はともにアーチをかけており、自身にとっては3試合連発となった。