【広島】堂林翔太が復調へ!山本浩二氏の前で「スーパースター」の一撃

引用元:スポーツ報知
【広島】堂林翔太が復調へ!山本浩二氏の前で「スーパースター」の一撃

◆JERAセ・リ-グ 広島4―4中日(30日・マツダスタジアム)

 勝利には結びつかなかったが、堂林がまた前へ進んだ。「いいきっかけになればいい」とうなずいたのが4回の7号3ラン。1点を追う1死一、二塁、岡野の初球カーブを逃さなかった。

 試合前まで最近5試合で21打数3安打。「最近、状態が良くなかったので…」と中軸を外れ、13試合ぶりに7番で起用された。「初球から甘い球が来たらいこうと。自分のスイングができた」と中堅左へ一時逆転となる一撃。初球の打率は15打数7安打。6、8回は二ゴロでも「内容が良かったと思う」と確かな収穫を持ち帰った。

 中京大中京のエース兼4番として全国制覇を成し遂げたのが09年の夏。同年のドラフト2位で入団し、12年には侍ジャパンにも選出された。この日は元広島監督の山本浩二氏が1年4か月ぶりにマツダスタジアムを訪れていた。「コイツをサードで使いたい。スーパースターになる」とは当時、代表監督だった山本氏の思い。昨年は自己最少の28試合出場と遠回りしたが、成長した姿を見せられた。

 リードを救援陣が守れず、今季4度目の引き分け。5カード連続で勝ち越しがなく、チーム状態は苦しい。「頭(カード初戦を)を取って、全員の力で勝ちに貢献したい」と31日からの巨人3連戦(東京D)に目を向けた背番号7。打率は3割6分7厘とリーグトップをキープ。存在感は増すばかりだ。(長田 亨)報知新聞社