ソフトバンク柳田強振せず10号到達/侍4番候補弾

引用元:日刊スポーツ
ソフトバンク柳田強振せず10号到達/侍4番候補弾

<ソフトバンク4-2西武>◇29日◇ペイペイドーム

東京オリンピック(五輪)の中軸を担う面々が、持ち味をいかんなく発揮する本塁打を放った。

広島鈴木誠也外野手(25)楽天浅村栄斗内野手(29)ソフトバンク柳田悠岐外野手(31)ヤクルト村上宗隆内野手(20)。それぞれが試合の潮目でアーチをかけ、チームを勝利に導いた。20年7月29日は、福島あづま球場で野球競技の初戦が行われていた日。日本球界最高峰に君臨するバットマンたちが、1年後も暴れる。

   ◇   ◇   ◇

ソフトバンク柳田が技ありの殊勲アーチを放った。2点リードとなった5回裏1死走者なし。西武松本のカウント2-1からの4球目だった。直球ですべて外角を攻める西武バッテリーの狙いを読み切った。142キロの外角球を強振することなくコンパクトに左中間スタンドに運び去った。

「打ったのはストレート。甘く来た球を1球で仕留めることができました」。柳田にとって2年ぶりとなる2ケタ本塁打。完全復活を目指すスラッガーにとって、10号弾はまだまだほんの通過点。前日(28日)には通算1000安打を達成し、猛打賞。メモリアル打からさらにバットは好調だ。初回は145キロの直球を左前に運び、この日もマルチ安打。豪快な打撃もさることながら、柳田の大きな魅力は走力。初回一塁から中村晃の左前打で一気に三塁を陥れた。打率も3割8分7厘に上昇。しっかり首位打者も快走中だ。

◆侍ジャパンの中軸 今年、予定通り東京五輪が行われていれば3番柳田、4番鈴木、5番浅村の並びは最有力候補だった。稲葉監督の戦力構想の根底には、昨秋に優勝したプレミア12のメンバーがある。鈴木は4番でMVPに輝く大車輪の働きを見せ、信頼感は絶大。浅村も5番で勝負強さを発揮した。プレミア12は不在だった柳田は、18年の日米野球では4番として機能したが、機動力もあり、3番は座りがいい。秋山のメジャー移籍で1番の候補には坂本が挙がる。1点勝負の国際大会で2番はつなぎ役を重視して菊池涼と考えればバランス的にも3番には左打者が欲しい。柳田が適任になる。稲葉ジャパンの常連ではないが岡本、村上も、逆転五輪代表入りから一気に中軸も目指せる成長速度。出塁率の高い近藤も選択肢に入りそうだ。