日本代表には海外遠征の環境の違いに適応&対応する力が必要だった

日本代表には海外遠征の環境の違いに適応&対応する力が必要だった

【日本代表2800日 オリンピック野球伝道】#1

 1988年のソウル五輪では投手担当コーチ、92年のバルセロナ五輪は監督を務めた。野球はバルセロナから正式種目に採用された。それにつれて国際大会が増えていく中で、私は89年の監督就任から4年間、目先の勝敗だけにこだわらず、若い人たちにどんどんチャンスを与えたいと考えた。バルセロナでは金メダルを獲得することはできなかったが、社会人、大学のトップクラスの選手たちとともに、かけがえのない経験を積むことができたと思っている。

 日本は公開競技として行われた84年ロサンゼルス五輪で金メダル、88年ソウルでは銀メダルを獲得した。正式種目となったバルセロナで勝つためには、まずは選手も我々指導者も、今の実力では世界で勝つことが難しいことを知り、成長していく必要があった。

 選手は個々の技術はあっても、日本との環境の違いに戸惑うことが多かった。アメリカやキューバ、ニカラグア、中国など、多くの国で野球に携わったが、海外では、日本で当たり前のことがそうではないことが多い。

 言葉が違えば気候も食事も違う。試合日に移動のバスが定刻通りに来ないことは珍しくなく、それによって試合前の練習が短くなることもある。グラウンドにたくさんの石ころが転がっていることもあった。ストライクゾーンも変わる。違いを言い出せばきりがないが、当時の日本の選手たちは、その違いに気をとられがちだった。適応力、対応力に最も欠けていたと思う。

 だから私は選手に常々、「ここは日本ではない。何が起きても不思議ではない」と伝えた。環境の違いを言い訳にせず、受容し、最高のパフォーマンスを発揮することが求められるのだ、と。野球という競技は、パワーや技術、体力はもちろん、あらゆる環境に適応、対応する力も含めた総合力が必要だ。

海外遠征時は日本食持参禁止に

バルセロナ五輪野球日本代表監督だった山中正竹氏(C)日刊ゲンダイ 監督を務めていた際は、選手に海外遠征時に梅干しやカップ麺など日本食の持参を禁止した。こっそり持ちこんだ選手もいただろうが、選手たちの精神的な弱さを感じていたからこそだ。

 こうした経験を通じて得たことは、スポーツマンシップを忘れてはならないということだ。仲間や相手、ルール、審判員を認めた上で激しくぶつかり合い、最大限のパフォーマンスをする。勝っても負けても、お互いが称え合い、認め合う。そのためには学びが必要であり、それが適応力、対応力にもつながる。

■野球は学びの場

 私にとって野球は、学びの場である。選手時代は決して野球の能力が高かったわけではなく、体も大きいわけでもなかった。どうしたら勝てる投手になれるのかを常に考えた。指導者になってからも、どうしたら選手が成長するのか、いいチームにするためにはどうすべきか、日本代表として勝つためには何をすべきかと突き詰めていくと、次から次へと課題が浮かび上がる。際限なく学びの機会を与えてくれるのだ。

 選手や学生と接する中で、彼らから教わることも多かった。だから、「教え子」という言葉を使うのは抵抗がある。今は日本の野球の将来を考える立場にある。この先、何歳になっても学びの機会は続いていくだろう。

 自分なりに学びを大切にし、いろいろな経験をさせてもらう中で、出会いがあり、仲間が増え、絆が深まっていった。私にとって最も大きな財産であり、誇りである。

 この連載では主に、ソウル五輪、バルセロナ五輪にまつわる人たちとの交流を記させていただく。その中で、野球の魅力を伝えられたらこの上ない。まずは私が出会った中で最高の投手であるソウル五輪代表の野茂英雄(新日鉄堺)との縁から振り返りたい。

 (つづく)

▽やまなか・まさたけ 1947年4月24日、大分県生まれ。佐伯鶴城高、法政大、住友金属工業で投手としてプレー。東京六大学最多勝利記録保持者(48勝)。住友金属で監督を務めた後、88年ソウル五輪コーチで銀メダル、92年バルセロナ五輪監督で銅メダルを獲得。法政大監督、横浜ベイスターズ専務などを歴任し、2016年野球殿堂入り。17年から侍ジャパン強化委員会強化本部長を務め、18年に全日本野球協会会長に就任。169センチ、64キロ。左投げ左打ち。