レッズ秋山、初安打も先発外れ「危機感」一問一答

引用元:日刊スポーツ
レッズ秋山、初安打も先発外れ「危機感」一問一答

<レッズ7-1タイガース>◇24日(日本時間25日)◇グレートアメリカンボールパーク

【写真】大飛球を好捕するレッズ左翼手の秋山

レッズ秋山翔吾外野手(32)が、開幕戦のメジャー初打席で初安打&初打点をマークした。

タイガースの先発が左腕ボイドだったため、スタメンからは外れたものの、4-1と3点リードした6回2死一、二塁で代打で登場。2番手右腕シスネロに対し、カウント1-2から6球目の96マイル(約155キロ)速球をセンター前へはじき返し、二塁走者を迎え入れた。

   ◇   ◇   ◇

--スタメンから外れた感情と代打での安打

秋山 頭から出たいとの思いは持ってましたけど、左投手相手にしても、アピールが足りなかった。60試合でどのチームにもプレーオフの可能性があり、1つのゲームを勝ちに行くのはチームとして当たり前。

--記念の球は

秋山 まだ、手元に来てないです。

--初安打

秋山 ようやくこれでメジャーの選手になったというか、後から秋山を説明する時にこの安打は、おそらく覚えておいてもらえる安打になるんじゃないかなと思います。打ったというより飛んだという感じです。

--スタメン外の心境は

秋山 僕よりも(生中継した)NHKとJスポーツが焦ったんじゃないですか(笑い)。信頼を勝ち取りきれなかったというところ。もっと内容のある打席を積んでいかないといけない。もっと打席に立たせてもらえるように頑張ろうという気持ちになったスタメン発表でしたし、日本では最近そういう気持ちになったことはなかったし、危機感もある。いい内容、いい結果を求めて、自分の出場機会をどんどん得ていくための最初だという感じです。

▼秋山がデビュー戦初打席で初安打。大リーグの日本人野手は筒香、秋山を加え通算17人だが、初打席安打は01年新庄(メッツ=2球目)03年松井秀(ヤンキース=初球)04年松井稼(メッツ=初球)05年中村(ドジャース=6球目)08年福留(カブス=初球)18年大谷(エンゼルス=初球)に次いで7人目。代打でマークは05年中村以来。初打席で打点を挙げた野手は03年松井秀、04年松井稼に次いで3人目。 ▼秋山の32歳3カ月は、日本人野手では02年田口(カージナルス=32歳11カ月)に次いで2番目の高齢デビューになる。 ▼秋山はレッズで初めての日本選手としてデビュー。64年の村上雅則(ジャイアンツ)に始まり、これで日本選手が全30球団でプレーした。