ソフトバンク・九鬼がプロ初先発「出る気まんまんで」

 ソフトバンク・九鬼(くき)隆平捕手(21)が5日の日本ハム6回戦(札幌)に「9番・捕手」でプロ初の先発出場。試合前に取材に応じ、意気込んだ。

 「出る気まんまんで札幌にきているので。最初から」

 朝、宿泊先ホテルでスタメンの知らせを聞いた。前日4日に今季初の1軍昇格。出場こそなかったが、工藤監督は「ファームの方でもリードの評価は高いキャッチャー。あとはバッティングというところだった」と期待をこめる。開幕1軍に向けた競争も最後まで生き残っていたが指揮官からは「何かあったら次に呼ぶ」と声をかけられ1軍の試合も欠かさずチェック。気づいたことはノートに書き留め、イメージを繰り返していた。

 また4日には熊本、鹿児島が豪雨によって大きな被害がでた。熊本・秀学館高出身の九鬼は「できるのは僕がいいところを見せること。チャンスかなと」。プロとして野球で勇気を与えることを誓った。先発・二保を引っ張り勝利に導く。