機動破壊→スペクタクルベースボールへ。 健大高崎が目指す大仕掛けの野球

機動破壊→スペクタクルベースボールへ。 健大高崎が目指す大仕掛けの野球

健大高崎といえば「機動破壊」。その二つ名を記憶している野球ファンも多いことだろう。「表」のキャッチコピーが機動破壊なら、「裏」のキャッチコピーは「県外高崎」だった。とくに群馬県内では、県外出身者の多い健大高崎野球部を揶揄して「県外高崎」と呼ぶ人が多かったのだ。  だが、青柳博文監督は「最近は県外高崎と言われることも少なくなってきました」と語る。  今でも部員の半数は県外出身者であり、昨年度は北海道から沖縄まで22都道府県から選手が集まった。健大高崎の「共存共栄」という精神や機動力を前面に押し出した戦いぶりが県内に浸透し、批判が目立たなくなったのかもしれない。  昨秋は県大会準決勝で宿敵・前橋育英に敗れながらも、群馬開催の地の利を生かし3位校として滑り込み出場した関東大会で優勝。青柳監督は「関東大会では群馬のお客さんが本当にたくさん声援を送ってくださって。『県民に応援されているなぁ』と感じました」と振り返る。  健大高崎が応援されるチームになったひとつの要因として、「群馬出身バッテリー」の存在も大きいのかもしれない。エース左腕の下慎之介(しも・しんのすけ)と高校屈指の強肩捕手である戸丸秦吾(とまる・しんご)。ともに高崎ボーイズ出身である。  下は言う。 「『県外高崎』と言う人もいるなかで、軸のバッテリーが県内出身で『群馬のバッテリーでも活躍できる』というところを見せつけたいです」

「悲劇の世代」屈指の好投手が進路の悩みを激白そんな下だが、中学時代はほかにエースがおり、2番手だった。「当時は変化球投手でした」と本人は振り返る。  それでも、青柳監督は下の将来性を買っていた。 「腕もよく振れるし、フォームもいい。体さえできれば伸びる選手だとわかっていました」  高校入学後、体の成長とともにぐんぐんスピードが伸びて、昨秋には141キロを計測。下は「スピードが上がって、変化球が生きるようになりました」と手応えをつかんだ。  昨秋の関東大会では初戦の常総学院(茨城)戦では打ち込まれたものの、勝ち上がるごとに成長。準決勝では、優勝候補筆頭だった東海大相模(神奈川)の強打線を2失点に抑えて完勝した。  一方、女房役の戸丸は中学時代から中学硬式の日本代表のひとつであるJUNIOR ALL JAPAN(通称・NOMOジャパン)に選ばれる注目選手だった。戸丸が健大高崎に進学した理由はユニークだ。当初は「他校に進んで健大高崎を倒したい」と考えていた。 「機動破壊の健大高崎と対戦して、走らせないつもりでいました。でも、家族と進路を相談するなかで、考えが変わっていきました。公式戦では健大と戦う機会が少ないですけど、健大に行けば走塁練習があるので日常的に高いレベルで盗塁阻止の練習ができる。その環境のほうが自分は伸びるんじゃないかと思いました」

1

/3ページ