2019年の日大三の主力選手の進路が凄い。プロ入りした井上だけではなく、多くが強豪大学で継続!

2019年の日大三の主力選手の進路が凄い。プロ入りした井上だけではなく、多くが強豪大学で継続!

 東京をリードする名門・・日大三。2018年夏の甲子園では4強入したが、2019年世代は秋初戦敗退、春ベスト、夏ベスト8と苦しんだ戦いが多かった。とはいえ、能力が高い選手は非常に多く、強豪大学で続ける選手が多数いる。そんな日大三ナインの進路を紹介したい。

【動画】キューバ相手に1勝を上げた東京代表19名の進路が豪華すぎる!!

投手 井上 広輝(埼玉西武)

投手 廣澤 優(JFE東日本)

投手 平野 将伍(明星大)

投手 小川 敦星(大正大)

捕手 佐藤 英雄(青山学院大)

内野手 宇津木 帝凱(立正大)

内野手 前田 聖矢(立正大)

内野手 石田 拓海(日本大)

内野手 小久保 昴(明星大)

内野手 豊國 麻人(武蔵大)

外野手 大濱 快晴(九州共立大)

外野手 新方 湧大(桜美林大)

外野手 塚越 楓太(国士舘大)

 この進路充実度は全国でもトップクラスではないだろうか。エース・井上は練習試合などで着々と経験を重ねており、また広沢も最速150キロをマークし、練習試合でも好投を見せ、成長を見せている。

 過去にも日大三の主力選手が主力、控え問わず大学で活躍している選手が多い。それは能力の高さだけではなく、野球に取り組む姿勢、プレーの精度、人間性などをしっかりと教育されているのも大きいだろう。

 大学に進んだ選手たちは秋以降でベンチ入りを果たし、活躍ができるか注目をしていきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。