球団史上最高年俸で“ポスト落合”を期待された、超大物マドロックの悲しい日本生活とは?/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】

球団史上最高年俸で“ポスト落合”を期待された、超大物マドロックの悲しい日本生活とは?/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯】

「ユー、スポーツカーね。メルセデスAMGよ。ナイスカーね」

 元巨人のウォーレン・クロマティが開設した自身のYouTubeチャンネルで、現役時代のチームメート篠塚和典と80年代中盤の思い出話をしていた。クロウが来日したのは巨人の球団創立50周年で王貞治が監督就任した1984年(昭和59年)のことだが、元メジャー・リーガーは、後楽園球場の駐車場に停まっているのが高級車ばかりで驚いたという。

 85年のプラザ合意後に日本は未曾有の好景気に突入していくことになるが、プロ野球界でも87年にボブ・ホーナーが年俸3億円でヤクルトへ入団。93試合で31本塁打と“ホーナー旋風”を巻き起こし、88年オフにはなんとあのメジャー通算5714奪三振のノーラン・ライアンが、年俸2億4400万円で新興球団のオリックスに本気で売り込んでくるという事件もあった。そんな当時の世相と球界を象徴する外国人選手が、昭和最後のシーズンとなった1988年(昭和63年)にロッテオリオンズへ入団したビル・マドロックである。本連載では平成助っ人を取り上げてきたが、今回は昭和から平成への時代の変わり目に球史をつないだ超大物を紹介しよう。

 75、76年にカブスで、81、83年はパイレーツで首位打者に計4度も輝いた名打者は、87年5月にドジャースを放出され、タイガースへ移籍。計108試合で打率.264、17本塁打、57打点という成績だったが、同年夏の『週刊ベースボール』特派員リポートで「元・首位打者マドロックが日本に行くぞといいだした」という記事が掲載されている。

「まだはっきり決まったわけじゃないけど、シーズンオフの契約がまとまらなかったら、たぶん日本へ行くことになるだろう。オレの代理人が日本のパシフィック・リーグの球団とコンタクトをとっているところだ」

 この発言は現地のプレス席でも話題となり、「マドロックはデトロイトを気に入っているはずだぜ。ヤツは面白半分でそんなことをいったのさ。日本に行くなんてことは絶対ない、と思うよ」と記者は主力打者の日本行きを一蹴したが、一方でメジャー生活15年のベテランは守備や走塁面が衰え、ほぼDH専門の36歳には大リーグで好条件の契約は難しいという声も聞かれた。実際、その数カ月後にマドロックは日本のロッテオリオンズ入りを決断するのである。年俸は前年のサラリーを約20万ドルも上回る約1億3650万円。この金額はロッテ球団史上最高年俸で、当時日本人最高額の落合博満(86年オフにロッテから中日へ移籍)の1億3000万円とほぼ同額だった。11年間在籍のレロン・リーを解雇してまで獲得したマドロックは、“ポスト落合”を期待されていたのである。

 クローズドスタンスで、クラウチング。内外角、身長180センチの胸の高さからヒザの上くらいまで、どこへ投げてもヒットにしてしまう技術は、日本の投手の変化球攻めにもノープロブレムの右の安打製造機だが、もちろん不安もあった。“マッド・ドッグ(狂犬)”と呼ばれる男は、激しいスライディングで多くの選手にケガをさせる問題を起こしてきた。さらに大リーグでも有数の扱いにくい“ハード・ノーズド・プレーヤー(強情な選手)”としても知られていたのだ。次ページは:完全なホームシックに

1

/3ページ