巨人・岡本 24歳バースデー弾!頼れる主砲3戦連発 首位攻防で先勝!

巨人・岡本 24歳バースデー弾!頼れる主砲3戦連発 首位攻防で先勝!

 「巨人5-2DeNA」(6月30日、東京ドーム)

 豪快な一撃で24歳の誕生日を祝った。2点リードの八回。開幕から絶好調の巨人・岡本がまた、打った。エスコバーの156キロ直球を完璧に捉え、バックスクリーン左へ飛び込む5号ソロ。3戦連発と、打棒が止まらない主砲に対し、仲間からは敬礼で出迎えられた。

 誕生日に1本塁打を含む2安打2打点。「自分のことはそんなに気にしてないです。チームが勝つことがうれしいです」。DeNAとの首位攻防戦。負ければ2位陥落の一戦で勝利に導く打撃ができ、喜んだ。

 昨年の6月30日も4打数2安打だった。六回には右線適時打で同点にするなど、誕生日の勝負強さは格別だ。試合前ミーティングでは原監督を含めチームメートから『おめでとう!』と声をかけられた。「自分で祝うものじゃないですよ。ただ、ありがとうございます」とはにかんだが、結果で喜ばせた。

 10試合を終え、打率・475、5本塁打、12打点とリーグ三冠の4番に原監督も「見ての通りですよ。いいスタートを切ってね。まさに若大将のごとくチームを引っ張ってくれている」と頼もしそうに見つめる。開幕から打順で変えていないのは「4番・岡本」だけ。打線の軸が強固だからこそ、巨人は首位にいる。