交流試合に出場する明豊、大分商の2校。両校の過去10回の対戦成績を振り返る

交流試合に出場する明豊、大分商の2校。両校の過去10回の対戦成績を振り返る

 8月に開催される2020年甲子園高校野球交流試合。ここに大分県から明豊と大分商の2校が招待をされている。両校は昨秋の九州地区の決勝戦で対戦をするなど、大分県内だけではなく九州地区でも有名な実力校である。

【トーナメント表】明豊、大分商の初戦は?独自大会の組み合わせ一覧

 特に明豊は今宮 健太を擁して2009年の夏の甲子園で投手としても活躍。ベスト8まで勝ち上がり一気に名を広げるなど、春夏合わせて10回の甲子園出場。そして大分商は源田壮亮らをOBに持ち、春夏合わせて21回の甲子園出場という県内でも屈指の成績を誇っている。そんな両校の過去10回の直接対決を振り返っていきたい。

<過去10回の対戦成績>

2015年 第97回大分大会 決勝

明豊1対0大分商

2016年 第98回大分大会 2回戦

明豊5対3大分商

2016年 秋季大分県大会 準決勝

明豊6対2大分商

2017年 春季大分県大会 決勝

明豊8対3大分商

2017年 第99回大分大会 決勝

明豊7対0大分商

2018年 第100回大分大会 3回戦

明豊14対7大分商

2018年 秋季大分県大会 2回戦

明豊13対2大分商

2019年 第101回大分大会 準決勝

大分商6対3明豊

2019年 秋季大分県大会 決勝

明豊16対8大分商

2019年 秋季九州地区大会 決勝

明豊13対5大分商

 結果だけを振り返ると、明豊が9勝。大分商が1勝という成績。点差を見ても、明豊が大分商との直接対決では力を発揮している形になっている。

 もっとも古い2015年の夏の大分大会ではロースコアな試合展開。明豊は3回に奪った1点を死守して勝利することとなり、大分商は明豊を苦しめるも甲子園とはならなかった。そこに大きく関わったのが広島東洋カープでルーキーイヤーを迎えた森下 暢仁。

 9回を投げて被安打6奪三振4の成績だったが、1点に泣き甲子園は届かなかった。しかしその夏のU18には代表に選ばれ、明治大学進学後は確実に力を付けて2019年のドラフトで1位指名を受けてプロの世界へ飛び込んでいった。

 1年後となる2016年の夏の大会でも両校は対戦するが、その時は明豊が中盤に試合の主導権を握り、大分商を下すと、代が変わった2016年の秋季大会から翌年の2017年の夏の大会まで3季連続で対戦したが、明豊が全て勝利。大分商にはオリックスにいる廣澤 伸哉らを擁するチームだったが、明豊から白星を上げることが出来なかった。

 2018年の対戦の時にはスラッガー・濱田 太貴を明豊は擁し、大分商を打力で圧倒。大分商は森下 暢仁の弟になる颯太が1番ショートで打線を牽引するも、明豊に軍配が上がる結果。そして2018年の秋にも対戦をしたが、明豊が大分商を下し直接対決は8連勝となった。

 しかし2019年の夏、田中誓哉と川瀬 堅斗のリレーで選抜4強の明豊打線を3点に封じ込め、大分商はついに白星を上げることが出来た

 昨秋は県大会と九州地区大会で両校は対戦して、明豊が打ち合いを制した。今年は大分商にはエース・川瀬、明豊は主将でエースの若杉 晟汰とどちらも好投手を擁する。夏の大会で対戦することがあれば、どのような試合を見せるのか。これからの両校の対戦に注目したい。