ヤクルト奥川0封「内容はまだまだ」最速154キロ

引用元:日刊スポーツ
ヤクルト奥川0封「内容はまだまだ」最速154キロ

<イースタン・リーグ ヤクルト3-1ロッテ>◇30日◇戸田

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(19)が、プロ2戦目となる先発マウンドに上がった。大村とのバッテリーで、1イニングを13球で3者凡退とした。「内容はまだまだという感じです。変化球が抜けてとか、2ストライク追い込んでから思ったところに投げきれなかったというところで、今日はいまいちでした」と振り返った。

ロッテの1番藤原とは高校日本代表でともにプレーしており「知っている打者なので、多少やりづらさはあった」。初球は148キロ直球でファウル。カウント0-2の5球目に、145キロのフォークボールで二ゴロに打ち取った。

2番平沢の5球目に、プロ入り後最速タイとなる154キロをマークしたが、ボール。カウント2-2になったところで、雨が強くなったため試合は中断に入った。

約10分間の中断では、ベンチで小野寺コーチからのアドバイスを受けるなどし、再開後には平沢をフルカウントから直球で見逃し三振を奪った。

3番菅野は、初球の128キロスライダーで捕邪飛に打ち取り、笑顔を見せながらベンチで下がった。「雨はあまり関係なかったです。多少はボールがぬれたりはあったが、一番は自分のフォームのバランスがいまいちだったかなと思います」と話した。