ロッテ2位ルーキーの佐藤 都志也らが出場!2014年夏8強入りを果たした聖光学院ナインのその後を紹介

ロッテ2位ルーキーの佐藤 都志也らが出場!2014年夏8強入りを果たした聖光学院ナインのその後を紹介

 夏の甲子園、今春開催予定だった選抜大会の代替大会が続々と決定するなど、ようやく高校野球界にとって明るい話題が湧き上がっている。そこで、ここではこれまで甲子園を盛り上げたチームと選手を振り返り、彼らのその後を追っていく。

【動画】全国のドラフト・注目野手リスト一覧 <2020夏>

  今回は2014年夏に全国8強入りを果たした聖光学院ナインのその後を紹介する。

投手 船迫 大雅 3年(東日本国際大-西濃運輸)

投手 梅田 誉大 3年(富士大-フェデックス)

投手 佐藤 翼 3年(平成国際大)

投手 今泉 慶太 3年(国学院大)

捕手 高野 光輝 3年(敬愛大-富士通アソテックベースボールクラブ)

捕手 佐藤 都志也 2年(東洋大-千葉ロッテ)2019年2位

内野手 安田 光希 3年(明治大)

内野手 藤原 一生 3年(東海大)

内野手 柳沼 健太郎 3年(東海大-エイジェック)

内野手 石垣 光浩 3年(東洋大)

内野手 藤田 理志 2年(富士大)

外野手 八百板 卓丸 3年(東北楽天-巨人)2014年育成1位

外野手 伊三木 駿 3年(神奈川大)

外野手 飯島 翼 3年(中央学院大)

外野手 山口 優 3年(桜美林大)

外野手 原田 元気 3年(平成国際大-栃木ゴールデンブレーブス)

 1番・中堅手としてチームを牽引した八百板 卓丸は東北楽天に育成1位指名を受け入団。オコエ 瑠偉の代替選手として出場した2016年のアジア・ウインターリーグでは31打数12安打の活躍をみせる。2017年に支配下登録を勝ち取るも、2019年に戦力外通告を受け、今季から巨人と育成契約を結び、再び支配下登録を目指し新たなスタートを切った。

 2年生で控え捕手としてベンチ入りした佐藤 都志也は3年夏も甲子園出場を果たす。東洋大に進学し、上茶谷 大河、甲斐野 央らとバッテリーを組む。最高学年時は主将を務め、在学中2度大学日本代表にも選出された。昨年のドラフトで千葉ロッテに2位指名を受け入団。大学通算96安打を放つなど、打力を備えた捕手として活躍が期待されている。

 平成国際大に進学した7番・右翼手の原田 元気は4年時にプロ志望届を提出。指名漏れとなったが栃木ゴールデンブレーブスに特別合格で入団。今季で2年目を迎え独立からプロ入りを目指す。

 エース・船迫 大雅は東日本国際大に進学し、1年春から主戦で登板。5勝、防御率.050の成績で、新人王、最多勝、ベストナインのタイトル3冠に輝く。在学中、全日本大学野球選手権3度、明治神宮大会1度の出場を果たすなど大学でも大舞台を豊富に経験。リーグ歴代最多タイ記録の通算34勝を挙げ、現在は西濃運輸でプレー。

 八百板、佐藤の2名がNPB入りを果たした2014年の聖光学院ナインたち。今後の活躍にも注目していきたい。

※記事の掲載者、掲載者の現所属、記録の事実につきましては報道各社発表の新聞記事、各野球連盟が発表する大会記録、各チームの所属調査、関係者取材により確認ができたものより掲載をしております。そのため、この情報が全ての情報ではなく、情報の一部となりますことご了承ください。