開幕から無安打の阪神ボーアが練習で12発 試合前のフリー打撃で逆方向へ快音

開幕から無安打の阪神ボーアが練習で12発 試合前のフリー打撃で逆方向へ快音

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が23日、ヤクルト戦(神宮)の試合前練習に臨み、フリー打撃で快音を響かせた。

 右投げの打撃投手からは17スイングで7本の柵越え。その内、中堅から左翼方向へ4本と逆方向へ打球を飛ばした。左投げの打撃投手からも18スイングで5本の柵越えで、中堅から左翼方向には4本放った。

 計12発のアーチを放った打撃練習を終えると、打撃ケージの後ろから見ていた井上打撃コーチから、身ぶりも交えての指導を受けた。

 開幕から12打数無安打と苦しむと、打順も開幕3戦目で4番から6番に下げられていた。この日は「6番・一塁」でスタメンだった。