国士舘、明石商にリベンジだ 186センチ右腕・中西健登が再戦熱望

引用元:スポーツ報知
国士舘、明石商にリベンジだ 186センチ右腕・中西健登が再戦熱望

 昨秋の東京都大会の覇者で、8月に甲子園で行われる「交流試合」に参加する国士舘が16日、東京・多摩市の国士舘大多摩キャンパス野球場で取材に応じた。186センチの長身右腕・中西健登投手(3年)は、昨春のセンバツ初戦で1―7と完敗した明石商の名前を挙げ「リベンジしたい」と再戦を切望した。

 試合での登板はなかったものの「来田(涼斗)選手は迫力があって、見ただけですごかった」と強い印象を受けた。「自分の武器はコントロール。うまくシンカーを使って抑えたい」とイメージを膨らませた。

 約2か月半に及ぶ部活動自粛期間も、高い意識を持って練習に取り組んだ。「カーブを使えるようになりましたし、下半身を強化したことで球が速くなった気がします」。昨秋、8試合で6完投、4完封という絶対的エースが、甲子園のマウンドで進化した姿を見せてくれそうだ。(浜木 俊介)報知新聞社