「ここからの勇人は見もの」巨人・坂本、コロナ感染を糧にさらなる成長の“予感”〈dot.〉

引用元:AERA dot.
「ここからの勇人は見もの」巨人・坂本、コロナ感染を糧にさらなる成長の“予感”〈dot.〉

 巨人・坂本勇人と大城卓三が新型コロナウイルス感染したことが報じられた。

【写真】平成で最もかっこいいバッティングフォームは? 6月3日、巨人と西武の練習試合が試合前に急遽中止となった。理由は日本を代表するスター選手と連覇を狙うチームの正捕手候補がウイルスに感染したためだ。

 前日には東京都の感染状況が悪化の気配を見せ、『東京アラート』が発令されたばかり。球界のみならず日本中に衝撃が走った。

「被害を最小限に食い止めることが最も重要。そのためにやるべきことは多い」

 在京スポーツ紙記者は、2選手の感染発覚が及ぼす影響は大きいと語る。

「2選手とも主力として練習試合を含め、チームの全練習メニューに参加していた。他球団を含め接触した関係者すべてのウイルス感染チェック、そして立ち入り場所の消毒作業なども必要になる。当面、東京ドームなど巨人が使用した施設の使用禁止になる可能性もある」

 3月の阪神3選手の感染発覚時は、感染選手が練習試合で使用したナゴヤ球場の消毒をおこなった。同様の措置が東京ドームにも必要となるはずだ。

「6月19日の開幕が決まり、試合日程や移動手段など急ピッチで調整していた。しかし、こうなった以上は開幕すら白紙に戻ることもありうるのではないか。開幕直後は無観客で、移動距離も少なくて済む関東中心で行う方針だった。東京ドームがこういう状況だとどうなるかわからない」

 巨人だけでなくNPB関係者のすべてが頭を悩ませることになった、と前出のスポーツ紙記者は続ける。

「(坂本)勇人に関しては身体について心配していたが、最悪の形になった」

 球団関係者は坂本の感染に関しては、周囲の多くが早くから懸念していた。

「ここ数年は疲労との戦いで、腰痛も完治していない中で試合に出続けてきた。今年最初、立て続けに体調を崩した。開幕延期になり自身の調整も難しい中、チームの先頭に立ってやっていた。肉体的にも精神的にもギリギリな状態で、免疫力も落ちていたのではないか」

 坂本は今年1月の沖縄自主トレと2月の宮崎キャンプ中の2度、インフルエンザ感染していた。この時の教訓を生かしコンディショニングには細心の注意を払っていたという。

1/3ページ